2017年11月12日日曜日

杉浦醫院四方山話―524『甲府盆地のお茶』

 舞踊家・田中泯氏は、山梨県の白州(北杜市)から敷島(甲斐市)へ活動本拠地を移しましたが、踊りの身体は農業を通して形成すると云う基本姿勢は一貫しています。

敷島では、舞踊や農業を志す若者たちと「農事組合法人桃花村」を立ち上げ、傾斜地での農作業を続け、主要農産物として「桃花村のお茶」を販売していました。

ダンサーとして国内外での高い評価に加え、俳優としての人気も手伝ったのでしょう「桃花村のお茶」は、10年近くマニアには人気のお茶でしたが、現在は販売されていません。

 

 田中泯さんと「農事組合法人桃花村」は、新たにお茶栽培を始めた訳ではなく、長い間放置され雑草に覆われた茶畑に大きく伸びたお茶の木が残っていたことから、化学肥料を使わずに無農薬のお茶作りに挑戦しようと茶畑再生取り組んだそうです。


 昇仙峡に連なる旧敷島町の北部は標高も1000m以上あり、江戸時代からの棚田をNPO活動で保護して、景観を保全していく取り組みも続いています。

NPO法人 敷島棚田等農耕文化保存協会のサイトから拝借しました。


 ご覧のように小さな田が800枚近く空まで続く様は見事ですが、本来このような傾斜地の水路は流速もあることからミヤイリガイは生息できず、地方病の罹患者もいない地域であることが一般的でした。

 

 しかし、敷島町史にも「この地域にはミヤイリガイが生息し、昭和28年には山梨県衛生民生部長の依頼で、ミヤイリガイ殺貝試験実施地区の指定を受け、米軍第406総合医学研究所と協力して殺貝に努力した」と記されているように地方病罹患者もいた特異なケースの地域でもありました。

 

 それは、棚田に植える苗は、平地の敷島地区で育苗して上にあげていたことから、ミヤイリガイが付着した苗を手植えした中での罹患やミヤイリガイの生息だったそうです。

 

 昭和30年代末から、県はミヤイリガイ撲滅対策の一つで、稲作からの転作を農家に奨励しましたから、現在の「果樹王国・山梨」もこの転作による成果でもあります。

 江戸時代からの御料棚田が1000枚続いていた敷島北部地域でも約200枚の水田が畑に変わりました。標高1000mというこの地域は、 虫も付かず病気にもなりにくい環境を生かして、お茶の栽培を始めました。この地域の畑で出来たナスは、地域の人でも皮をむいて食べたそうですから、冬にはマイナス10度以下にもなる厳しい風土が寒さに耐え、栄養を土から吸い上げた力強いお茶になり、「北山茶」の名称で販売もされていたそうです。

 

 

 甲府盆地に茶畑があり、地茶「北山茶」があったことはあまり知られていませんが、後継者がなくその後荒廃してしまった茶畑を田中泯氏らが再生に取り組み、旧「北山茶」を「桃花村のお茶」として蘇らせたのが約15年前になる訳です。

 

「農事組合法人桃花村」も茶畑から手を引いて数年経ちますから、このままではせっかく蘇った茶畑も又同じ道をたどることにもなりかねません。甲府盆地のお茶「北山茶」が「桃花村のお茶」を経て新たな名称を得て復活されんことを願わずにはいられません。

2017年11月7日火曜日

杉浦醫院四方山話―523『郷土学習実践研究発表大会』

 当519話「ふるさと山梨・郷土学習コンクール」で紹介した第10回記念大会が、標記のように『郷土学習実践研究発表大会』として、10月31日に県総合教育センターで行われました。

今年応募した小・中学生の研究内容を審査し、大賞や優秀賞などの表彰と研究発表がメインでしたが、第10回と云う節目の大会で「過去の受賞者による発表」も設けられ、大学生や社会人になった受賞者が自分とこのコンクールのかかわりや現在の想いを語りました。


 この発表に招かれたのが、昭和町在住の神宮寺3姉妹ですから、私も彼女たちの発表を楽しみに参加して来ました。

3姉妹が招かれた理由は、中学時代「ふるさと山梨・郷土学習コンクール」に応募して揃って受賞していることに加え、現在も山梨で大学生と社会人になって、ふるさとの若い力となっているからでした。

 

 姉妹は、長女奈美さんが昭和町のホタルの盛衰と地方病についての研究で第2回大会で優秀賞を受賞したのをきっかけに次女美緒さん、3女沙弥さんと研究は受け継がれ、沙弥さんは中学1、2、3年と毎年優秀賞に輝いて来ました。

 

 神宮寺姉妹が継続しているのは研究学習だけでなく、奈美さんが「地方病とホタル」の研究で当館に来て以来、日曜日や夏休みなど時間をとっては当館で庭園清掃や団体案内の手伝いなどボランティア活動を引き継いでいることです。

こういう積極的な姉妹に共通するのは「自分は何をしたいのか」をそれぞれが考え、その道に向かって努力する姿勢です。

 

 奈美さんは東京の大学に進み「数学」を専攻しました。数学教師になりたいと云う高校時代からの夢に向かっての東京行きでした。

数学を専攻する傍ら「教職課程」と「学芸員」の資格単位も取得するなど密度の濃い大学生活を送って故郷に戻り、数学を教えています。


 美緒さんは、都留文科大学で「社会学」を学んでいます。来る度に現在学んでいる「ジェンダー」や「LGBT」についても話してくれますが、話の内容から問題意識を持って勉強していることが伝わります。子どもの頃憧れた「警察官」か「高校の社会の先生」が当面の目標のようですが、そのための実習等も着々とこなしながら、予備校でのアルバイトも忙しそうです。


 沙弥さんは、甲府工業土木科へ進み、職業実習で行った身延の土木会社に入社し、現在はリニア新幹線の工事現場を往復する社会人です。

沙弥さんが中一の時の優秀賞は「リニアについて~未来の乗り物・現実になるまで~」ですから、リニアについての研究学習を通して、自分もその建設にかかわる仕事が世代的にも可能とその道を進んだからこそ、姉二人が「沙弥は毎日が楽しいようで生き生きしてる」と声を揃えるほど充実した生活を送っているのでしょう。


 晴れの舞台で、まとまった発表内容をしっかり語る神宮寺3姉妹を眩しく見上げながら、研究テーマを考えることは自分の生き方を考えることにも繋がることや、掘り下げて学ぶ中で資料館や図書館の利活用も必要になり、そこでの人間関係も構築していくコミュニュケーション力も培ってきたことも分かり、私にはとても貴重ないい時間をプレゼントしていただきました。

2017年10月30日月曜日

杉浦醫院四方山話―522『第6回・杉浦醫院院内コンサート』

 10月22日(日)に予定していました秋の院内コンサートは、台風に伴う大雨の為延期になりましたが、演奏者のご協力で11月19日(日)に延期開催出来ることになりました。

 

 杉浦醫院応接室には、昭和8年の今上天皇生誕を記念して、日本楽器(YAMAHA)が日本で100台限定で受注生産したと云うグランド・ピアノが設置されています。この100台のピアノは、太平洋戦争末期の本土空襲で大部分が焼失し、現在は日本に3台しか残っていないという大変貴重な文化財でもあります。  

 

 山梨県内での購入希望は、3姉妹の為にと三郎先生が1台だけだったことからニュースにもなり、それを知った親友の小野修先生が「お前は娘を歌唄いにする気か」と怒鳴り込んできたそうですから、このピアノには昭和初期の時代背景や硬派な医者の親交などから始まる多くの物語が内包されています。


 昭和10年前後に山梨の片田舎・西条村にもシャンデリアの下で、ピアノのレッスンを受けていた純子さん、郁子さん、三和子さんの3姉妹が居たことも特筆に値しますが、戦後、三郎先生に治療法を学びに来た米軍の軍医が戦時下でも持ち歩いていたという楽譜でこのピアノを弾いては、一緒に歌った思い出など今でも楽しそうに思い出しては語る純子さんです。

 

 東京に嫁いだ郁子さん、三和子さんのお子さんたちも夏休みには「西条」に滞在して、このピアノを毎日弾いていたそうで、「音大に進んだタカちゃんやヒロちゃんは、子どもの時から上手で、まあよく弾いていたよ」とか「患者さんがいっぱいいても診察室の隣で弾いてたから、先生も聴診器なんか聴こえなかったらね」と仕事に来ていた橋戸棟梁も懐かしそうに話してくれます。

 

 三郎先生が名付け親のお隣・正覚寺の敦子さんは、流れてくるピアノの音やメロディーを聴き、西洋音楽とヨーロッパに憧れたことが、現在のウイーンでの生活にも繋がっているそうで、帰国する度に純子さんにベートーベンやモーツアルトのCDセットをお土産に持参下さいます。

 

 このピアノの存在を知った静岡県富士市の調律家・辻村さんと臼間さんは、丸一日かけて永年眠っていたこのピアノを見事に復活させ、以後、遠路にもかかわらずお二人で毎年調律に来ていただいていますから、物語は現在も進行中と云えます。

 

 杉浦醫院「院内コンサート」は、このように歴史と物語に溢れた杉浦家のピアノを価値ある調度品として展示しておくだけでなく、80年以上の時を経ても十分演奏用としても使用可能である実態をコンサートを楽しみながら確認いただこうと4年前から始まりました。


 秋のコンサートは、特に「杉浦醫院のピアノとすごす午後のピアノコンサート」とピアニスト・佐藤恵美さんが命名くださいましたが、杉浦家と親戚にもなる佐藤さんは「このピアノに魅せられました」と初回から演奏いただいております。今回2回目の杉浦誠氏は、声楽家としてもご活躍ですが、現役の外科医でもある杉浦家の親族です。

 お二人は、それぞれ東京、静岡と県外でご活躍中ですが、杉浦醫院のピアノが取り持つ縁で、このコンサートが持続できるのも三郎先生が仕掛けてくれいたようにも感じ、矢張りコンダクターで主人公は、三郎先生という物語を伝承していきたいと思います。

 

 19日に延期開催となりました「杉浦醫院のピアノとすごす午後のピアノコンサート」へ新たに参加ご希望の方は、お早めに当館(275‐1400)までお申し込みください。 

2017年10月15日日曜日

杉浦醫院四方山話―521『NHK News かいドキ』

 山梨県の県内ニュースをテレビでは、NHK・山梨放送・テレビ山梨の3局が夕方6時台にそれぞれ放映していますが、どの局のニュースや情報が県民に一番視聴されているのか?そんな調査データはあるのか?等々は、あまり話題になったことも無いように思いますが、各社は、それぞれに「観てもらう」努力をしていることでしょう。

特段ヒイキにしている局もない私のような人間は、リモコン片手にあちこちツマミ観しても毎日のことですし、狭い県内の限られた情報では、どの局でも同じ話題やニュースが重なりがちで、その辺で、どう特色を出していくのかも大変なことと思います。


 当館の玄関には人感センサーがセットしてありますから、来館者がみえると「ピンポーン」と館内に来館を告げてくれます。先日、センサーを巧みに避けて入ったのでしょうか、お一人で足音も立てず病院棟内をくまなく見学した方がいました。「ピンポーン」とセンサーが反応したのは、帰る際でした。その忍者なような方は、NHK甲府放送局に4月に入社したと云う新人キャスターの林聖海さんでした。

 再度上がってもらい応接室で話を伺うと、NHKの「News かいドキ」内で放送している「ぐるっと やまなし いってみ隊!」と云う、甲府放送局のアナウンサーやキャスターが県内の市町村の話題を取材してリポートする番組で、新人キャスターの林さんが、昭和町を取り上げてみようと、番組制作の下調べに来館したことが分かりました。


 後日、「局に戻ってから杉浦醫院のホームページを見たら、病院棟以外にも見どころがあることが分かりましたから、もう一度取材に伺いたい」と林さんから電話がありました。約10分間の番組だそうですが、韮崎市の出身だという林さんの興味や視点が昭和町のドコに向くのか?杉浦醫院は外せないということか?イオンモールは?・・・真面目に取材を重ね、台本にして収録すると云うパターンは各局同じでしょうが、今回は、林聖海さんと云う個人の視点で「いってみ隊昭和町」を仕上げる訳ですから、林さんには意気込みと共にプレッシャーもあったことでしょう。


 担当者がカメラを担ぎ、質問しながら撮影するフジテレビやCATVの収録と違い、NHKは本局でも甲府局でもカメラマンと音声担当者が企画者の意を介して撮影し、時にはそれぞれの意見も出して、企画者とチーム力で収録するのがNHK方式のようです。収録時の林さんは、自分で書き上げた台本をチェックしつつも大先輩のカメラマンさん達のアドバイスも受けながら一生懸命でした。

 若い町・昭和を紹介するのには、新人の初々しさと若い感性に溢れた林さんは適任のように思いました。どんな10分番組に仕上がるのか?来週25日(水)午後6時10分から放映予定のNHK「News かいドキ」楽しみです。 

2017年10月3日火曜日

杉浦醫院四方山話―520『草一本生やさない・・・』

 杉浦純子さんと同級生で、地方病で杉浦醫院にも通ったという塚原省三さんは、永く杉浦健造・三郎父子の語り部としてもご尽力いただいて来ました。「実際この病院に通われた方を紹介して欲しい」と云うNHKの要請で、塚原さん宅に伺いました。


 90歳を過ぎた塚原さんは「足が弱って、田んぼの水見も自転車で行くようになったからもう、俺なんかダメさよー」と謙遜しましたが、きれいに手入れされた庭を指さして「ほれでも屋敷には草一本生やさんように今も頑張ってるさ」と、昔から屋敷には草一本生やさなかったと云う誇りを持続していることを知りました。

杉浦醫院に隣接する若尾巌さん宅も塚原さん同様いつも草一本生えていないきれいな庭ですから、ちょっとおおげさに言うとこの地の方々に共通する美学かと思います。それは、屋敷に限らず田畑も同様ですから「篤農家」と云われる所以でもあるのでしょう。


 現在ほど除草剤が一般化する以前は、篤農家の方々は冬の寒い時に田畑の土を耕し、土を冷気に当てることで、春から夏の草対策をしていたという話を聞きましたが、そうだからこそ草一本にも目が向き、その都度抜いて「草一本生やさない」庭や田畑が当たり前になっているのでしょう。


  一方、昭和天皇だったと思いますが「雑草という植物はない」と言った言葉に代表される自然のままの庭を良しとして敢えて雑草を処理しない美学(?)もあります。同様に自然農法と云われる農業を実践している方は、いわゆる雑草は抜かずに刈って有機肥料となるよう田畑にそのまま寝かせているそうです。当然、除草剤や化学肥料は使わないでしょうから、都会の消費者には「安全安心の野菜・果物」として人気もあるようです。

 

 まあ、現代では有害食品としてやり玉に挙がっている合成着色料まみれの食べ物を駄菓子屋でおいしく食べて育った私には、その辺の価値観はピンときませんが、広い当館の庭園に生える夏草に対処しきれず除草剤を撒くと確かに枯れた後の茶色の光景は、雑草の緑の方がまだマシだったなと後悔しますから、自然農法の方が・・・とすぐ素直にブレます。


 塚原さんや若尾さんの庭や田畑が茶色の光景になっているのを一時でも見たことがありませんから、「草一本生やさない」庭の極意を伝授していただきに再度伺おうと思います。

2017年9月14日木曜日

杉浦醫院四方山話―519『ふるさと山梨・郷土学習コンクール』

 夏休みも終わり、学校生活に戻った子ども達には、二学期のメイン行事「運動会」の練習なども始まっているのでしょう。

 夏休みとは云え、子ども達には様々な宿題が課せられているのも山梨の学校の特徴でしょう。以前にも「夏休みの友」について触れましたが、各種団体からも学校を通して児童・生徒の作文や習字、絵画等々の募集や自由研究などその多くが宿題として課されているのが実態かと思います。


 その中の一つに山梨県教育委員会が募集する「ふるさと山梨・郷土学習コンクール」があります。今年で10回目の区切りの募集が9月上旬に締め切られたようです。


 県教委は、「ふるさと山梨」郷土学習 とは?で、≪山梨県のすべての児童生徒が、郷土への関心を深め、郷土を愛し、郷土に誇りをもてるような心情を豊かに育むための郷土学習を推進する取り組みです。≫と、その目的を公にしています。コンクールですから、毎年それぞれの部門での表彰もあり、選ばれた作品は、県立博物館で展示発表もされているようです。


  また≪多くの小・中学生が,夏休みを利用して,県内の博物館や郷土資料館等を積極的に利用して研究・調査・体験活動を行うことを奨励する。≫と云う一文もありますから、当館にも何人かの小中学生が見学に来て、鋭い質問から「コンクールに応募するので名前を教えてください」まで、応募しようという来館者は意欲的で、こういう機会のあることの必要性も感じました。


  

 「ふるさと山梨・郷土学習コンクール」は、「郷土を愛し、郷土に誇りをもてるような心情を豊かに育むための郷土学習を推進する」と云う目的をコンクール形式にすることで、研究意欲や応募意欲を喚起しようという県教委のねらいは分かります。その為には、取り上げた課題の研究や調査に県立博物館はじめ関係する資料館に出向き、対応した職員の氏名まで記すよう募集要項で指導しているのでしょう。

 これは、自由研究と云う研究行為に「郷土を愛す」と云う道徳的な精神論とコンクールと云う競争原理を持ち込むことで存在感と達成感を得ようと云う意図も見て取れ、気がかりです。


 それは、加熱する合唱コンクールをテレビ中継で見ると、普段から「腹筋力」だの「腹式呼吸」だのと云った体力トレーニングを「独自指導として」どこでもやっているようですし、「合唱はチームワークだ」と精神論を説いてコンクールの上位入賞を横並びで目標にしているのが分かります。

それは、結果発表前後に大写しになる各校の「お祈りポーズ」や「喜びスタイル」まで横並びで、音楽の一分野である合唱だけを全国で予選会までして大々的に行う裏には、高校野球同様、競争原理と精神論で「さわやか」とか「涙」とか「感動」を演出しやすくしているのでしょう。いわゆる一般の児童・生徒とは無縁な特殊集団での盛り上がりには、違和感を禁じえません。

 

 まあ、「ふるさと山梨・郷土学習コンクール」には、合唱コンクールのようなスポンサーもありませんから、カラ騒ぎの授賞式とは無縁でしょう。10月31日(火)に御坂の教育センターで、記念すべき10回目の表彰式があります。外野から上記のような戯言を発した以上、表彰式でこのコンクールの実態をしかと見届け、続けて感想等紹介したいと思います。

2017年9月7日木曜日

杉浦醫院四方山話―518『甲州弁?』

 これも甲州弁の一つなのか定かではありませんが、私の同級生や年配者には、「ざじずぜぞ」が「だぢづでど」になってしまう方がいます。

 

 先日も病院の待合で同級生にばったり会い「どこが悪いの?」と聞くと「でん部」と笑いながら云うので、尻の病気なら痔だと思いましたが、病名は最大の個人情報ですから詮索はそこまでにしました。が、私と同じく友人の心臓外科医を頼りに来たわけですから、「何だM先生は痔も診るのか?」と聞くと「俺はもう体でんぶが悪くてな」で、「でん部」は「全部」だと分かりました。


 役場の以前の上司は、部下を呼び捨てで呼ぶのが常でしたが、「○○しょうぞう」さんを「○○しょうどう」と呼んでいたので、私もいつの間にか上司に真似て彼のことを「しょうどうさん」呼ぶようになってしまいました。

 

 町内の婦人団体が主催した講演会で、司会の女性が最後に「ここで、講師の先生に花束どうていをお願いします」と、「贈呈」が「童貞」になった時には驚きました。


 業者からの納入伝票に「ぞう巾」が「どう巾」と記されていたのを見たこともありますから、当の本人は「ざ」は「だ」「ぜ」は「で」「ぞ」は「ど」で何ら問題は無いのでしょう。このような体験は私に限らず、山梨では多くの方に共通した経験かと思います。


 まあ、例えば「ざんねん」は「だんねん」になる訳ですが、確かに「残念」は「断念」の一里塚でもありますし、「雑巾」も「動巾」で用途的には合ってますから、漢字に変えると哲学的面白みもありますね。

「冷蔵庫」も「霊堂庫」と書けますから、谷川俊太郎センセイ風に詩的発想で「だしきにどうど。だぶとんもどうど」とか「アクセルでんかいでギョーダを食べに行かだあ」「もう不動産は不増産ざね」等々、言葉遊びとしても楽しめます。

                                                              「ざ・ぜ・ぞ」と「だ・で・ど」を矯正するポイントは「舌の使い方」だと何かで読んだ記憶もありますから、これは甲州弁ではなく全国共通なのかもしれませんが、個人的な経験では、都会ではあまり聞いたことがなく、山梨でも若い人の会話では無いようにも思いますが、そんなに若い人と話している訳でもないので確かなことは言えません。