2017年9月14日木曜日

杉浦醫院四方山話―519『ふるさと山梨・郷土学習コンクール』

 夏休みも終わり、学校生活に戻った子ども達には、二学期のメイン行事「運動会」の練習なども始まっているのでしょう。

 夏休みとは云え、子ども達には様々な宿題が課せられているのも山梨の学校の特徴でしょう。以前にも「夏休みの友」について触れましたが、各種団体からも学校を通して児童・生徒の作文や習字、絵画等々の募集や自由研究などその多くが宿題として課されているのが実態かと思います。


 その中の一つに山梨県教育委員会が募集する「ふるさと山梨・郷土学習コンクール」があります。今年で10回目の区切りの募集が9月上旬に締め切られたようです。


 県教委は、「ふるさと山梨」郷土学習 とは?で、≪山梨県のすべての児童生徒が、郷土への関心を深め、郷土を愛し、郷土に誇りをもてるような心情を豊かに育むための郷土学習を推進する取り組みです。≫と、その目的を公にしています。コンクールですから、毎年それぞれの部門での表彰もあり、選ばれた作品は、県立博物館で展示発表もされているようです。


  また≪多くの小・中学生が,夏休みを利用して,県内の博物館や郷土資料館等を積極的に利用して研究・調査・体験活動を行うことを奨励する。≫と云う一文もありますから、当館にも何人かの小中学生が見学に来て、鋭い質問から「コンクールに応募するので名前を教えてください」まで、応募しようという来館者は意欲的で、こういう機会のあることの必要性も感じました。


  

 「ふるさと山梨・郷土学習コンクール」は、「郷土を愛し、郷土に誇りをもてるような心情を豊かに育むための郷土学習を推進する」と云う目的をコンクール形式にすることで、研究意欲や応募意欲を喚起しようという県教委のねらいは分かります。その為には、取り上げた課題の研究や調査に県立博物館はじめ関係する資料館に出向き、対応した職員の氏名まで記すよう募集要項で指導しているのでしょう。

 これは、自由研究と云う研究行為に「郷土を愛す」と云う道徳的な精神論とコンクールと云う競争原理を持ち込むことで存在感と達成感を得ようと云う意図も見て取れ、気がかりです。


 それは、加熱する合唱コンクールをテレビ中継で見ると、普段から「腹筋力」だの「腹式呼吸」だのと云った体力トレーニングを「独自指導として」どこでもやっているようですし、「合唱はチームワークだ」と精神論を説いてコンクールの上位入賞を横並びで目標にしているのが分かります。

それは、結果発表前後に大写しになる各校の「お祈りポーズ」や「喜びスタイル」まで横並びで、音楽の一分野である合唱だけを全国で予選会までして大々的に行う裏には、高校野球同様、競争原理と精神論で「さわやか」とか「涙」とか「感動」を演出しやすくしているのでしょう。いわゆる一般の児童・生徒とは無縁な特殊集団での盛り上がりには、違和感を禁じえません。

 

 まあ、「ふるさと山梨・郷土学習コンクール」には、合唱コンクールのようなスポンサーもありませんから、カラ騒ぎの授賞式とは無縁でしょう。10月31日(火)に御坂の教育センターで、記念すべき10回目の表彰式があります。外野から上記のような戯言を発した以上、表彰式でこのコンクールの実態をしかと見届け、続けて感想等紹介したいと思います。

2017年9月7日木曜日

杉浦醫院四方山話―518『甲州弁?』

 これも甲州弁の一つなのか定かではありませんが、私の同級生や年配者には、「ざじずぜぞ」が「だぢづでど」になってしまう方がいます。

 

 先日も病院の待合で同級生にばったり会い「どこが悪いの?」と聞くと「でん部」と笑いながら云うので、尻の病気なら痔だと思いましたが、病名は最大の個人情報ですから詮索はそこまでにしました。が、私と同じく友人の心臓外科医を頼りに来たわけですから、「何だM先生は痔も診るのか?」と聞くと「俺はもう体でんぶが悪くてな」で、「でん部」は「全部」だと分かりました。


 役場の以前の上司は、部下を呼び捨てで呼ぶのが常でしたが、「○○しょうぞう」さんを「○○しょうどう」と呼んでいたので、私もいつの間にか上司に真似て彼のことを「しょうどうさん」呼ぶようになってしまいました。

 

 町内の婦人団体が主催した講演会で、司会の女性が最後に「ここで、講師の先生に花束どうていをお願いします」と、「贈呈」が「童貞」になった時には驚きました。


 業者からの納入伝票に「ぞう巾」が「どう巾」と記されていたのを見たこともありますから、当の本人は「ざ」は「だ」「ぜ」は「で」「ぞ」は「ど」で何ら問題は無いのでしょう。このような体験は私に限らず、山梨では多くの方に共通した経験かと思います。


 まあ、例えば「ざんねん」は「だんねん」になる訳ですが、確かに「残念」は「断念」の一里塚でもありますし、「雑巾」も「動巾」で用途的には合ってますから、漢字に変えると哲学的面白みもありますね。

「冷蔵庫」も「霊堂庫」と書けますから、谷川俊太郎センセイ風に詩的発想で「だしきにどうど。だぶとんもどうど」とか「アクセルでんかいでギョーダを食べに行かだあ」「もう不動産は不増産ざね」等々、言葉遊びとしても楽しめます。

                                                              「ざ・ぜ・ぞ」と「だ・で・ど」を矯正するポイントは「舌の使い方」だと何かで読んだ記憶もありますから、これは甲州弁ではなく全国共通なのかもしれませんが、個人的な経験では、都会ではあまり聞いたことがなく、山梨でも若い人の会話では無いようにも思いますが、そんなに若い人と話している訳でもないので確かなことは言えません。

2017年9月4日月曜日

杉浦醫院四方山話―517『秋の教室・イベントご案内』

 昭和4年以前の建物で構成されている当館は、当時のままを観ていただく実物がウリですから、現代建築のように全館冷暖房完備という訳にいきません。真冬と真夏は、来館者に申し訳ない寒さや暑さの時もありますが、それも実体験のうちとご理解をお願いしてきました。


 そんな訳で、当館で開催する教室やイベントは、夏と冬を避け春と秋に集中します。庭園の桜の葉も色付きハラハラと舞い落ち始め、暑さも一段落ついた感もありますので、今秋、当館で開催予定の教室やイベントをまとめてお知らせします。


9月26日(火)から「古典話芸(落語)を愉しむ全4回」が始まります。詳細は「広報昭和」9月号、お申し込み・お問い合わせは当館(275‐1400)にどうぞ。

第1回・9月26日(火) 第2回・10月18日(水) 第3回・11月9日(木) 第4回・12月1日(金)  参加者募集中です!


10月14日(土)「ふるさと再発見ツアー」  

詳細は「広報昭和」9月号または甲府地区広域行政事務組合(228-7641)にお願いします。 参加者募集中です!


10月22日(日)「第6回・杉浦醫院院内コンサート」

 詳細は、「広報昭和」10月号をご覧ください。出演者の詳細をどうぞ。10月1日から申し込みを受け付けます。


10月25日(水)から「ハコテキスタイル教室」が始まります。

第1回・10月25日(水) 第2回・10月29日(日) 第3回・11月6日(月)詳細は、「広報昭和」10月号をご覧ください。10月1日から申し込みを受け付けます。

 

⑤10月28日(土) 「お茶と落語の会」  左記をクリックすると昨年の様子が分かります。詳細は、当館にお問い合わせください。 10月1日から申し込みを受け付けます。


11月26日(日)「杉浦醫院もみじ伝承の会」 左記をクリックすると様子が分かります。参加申し込みは必要ありませんが、出店を希望される場合は、当館にお問い合わせください。


尚、上記⑥以外の館内での教室等は、限られたスペースでの開催ですから人数的制約が避けられませんので、「広報昭和」での周知後からの受付になります。

2017年8月27日日曜日

杉浦醫院四方山話―516 『アジアの国々』

 麻布大学と科学技術振興機構が主催する研究交流事業「さくらサイエンスプラン」は、麻布大学でアジア各国の獣医師と獣医学研究者が研修を積む事業ですが、見学研修会も組み込まれていて、昨年に続き今年も杉浦醫院が見学場所として選定され、過日大型バスで来館されました。


 来日3日目に見学研修を実施するのは、今月いっぱい続く研修会をよりスムーズに進める為、アジア15か国から1人ないし2人の参加者同士が忍野八海で富士山や湧水をバックに互いに写真を撮りあったり、当館で日本の終息史を学んでディスカッションすることを通して、参加者同士のコミュニケーションづくりを進めようという目的のようでした。


 麻布大学の黄教授は、通訳も兼ねた主宰者ですが、日本住血吸虫症の研究者としても著名です。3日目と云うことですが、黄教授は30名以上の参加者の顔と国籍を全て把握していて、一人ひとりを手短に紹介くださいました。その折、国名を聞いて地図上の位置があやふやな国が数か国あり、恥ずかしながら「アジア」について調べる必要に迫られました。


 アジアは、一般的にはヨーロッパを除いたユーラシア大陸を指すようですが、言語や宗教など文化的違いのみならず、国境から人種まで政治的・経済的な立場の違いにより、様々に定義されているのが実態のようです。ですから、アジアの国々は26か国と分類されていたかと思うと国連では47か国と、倍近い開きがあります。

これは、地球上をアジア・北米・中南米・ヨーロッパ・オセアニア・中東・アフリカと7区分するか、中東を「西アジア」として、6区に分けるかの違いによるものでしょう。

また、サッカーのFIFAワールドカップでは、オセアニアの代表的な国であるオーストラリアは、アジア予選会に出ていますから、オーストラリアもアジアだと思っても不思議ではありませんね。

ことほど左様に地域や国の分類は、時代や政治でも変わり、世界的な団体の都合や恣意にもよりますから、あまり意味はないように思いますが、初志貫徹で、ここでは、国連の分類に従って「アジアの国々」について整理してみようと思います。


 私たちに一番身近なアジアは、極東とも呼ばれる「東アジア」で、地理的には日本列島、中国大陸、朝鮮半島、モンゴル高原、台湾島などにある国々です。この東アジアの国でも例えば、中国と呼んでいる中華人民共和国の香港、マカオ、台湾をそれぞれでカウントするのか否かで国数は違ってきます。


 次に身近なのがインドシナ半島、マレー半島、フィリピン諸島が地理範囲の「東南アジア」でしょうか?この中には東ティモールと云う国もありますが、私には地図上の位置が分かりませんでした。この東アジアと東南アジアの国々に日本住血吸虫症の患者が多く、先進地である日本の取り組みを「さくらサイエンスプラン」で学ぶため、参加者はそれぞれの国の国費で派遣された方々だということでした。


 

 ユーラシア大陸の北の部分はロシアですから、国際連合による区分ではロシアは「北アジア」に属しています。モンゴルもこの北アジアに分類されています。


 東・北があれば当然西・南もあり「西アジア」は、日本では中東とも呼ばれ、サウジアラビヤやクエートなど石油産油国の国々です。石油利権をめぐって、バルカン半島の国々と共に「世界の火薬庫」とも呼ばれた地域ですが、アフリカやヨーロッパに組み込まれる国もあり線引きの難しい国々でもあります。


 「南アジア」の地理範囲はインド大陸を中心に隣接するセイロン島はじめ多くの諸島で構成され、インドやパキスタンからイランイスラム共和国やブータンまで大小、個性的な国々があります。

 

 ソ連崩壊後、カザフスタンやタジキスタン、ウズベキスタンなど「○○スタン」と云った国名の独立国が多い地域を「中央アジア」と分類しています。シルクロード一帯ですから、中国に組み込まれた「新疆ウイグル自治区」も中央アジア地域です。中国は、東アジアから中央アジア、北アジアに及ぶ広大な国であることが、アメリカに勝るとも劣らない世界の大国に成長している源であることを実感します。


 中国に限らず、現在、東アジアの朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の動向から目が離せないような報道が溢れていますが、西アジアのシリアやレバノン、パレスチナ等々から南アジアのイランやパキスタンなど目が離せない国が多いのもアジアの国々の現在ですから、ある意味世界で一番ホットな地域がアジアと云うことでしょう。ホットなアジア15か国から暑い夏の日本で集中研修に励む参加者の皆さんの熱い眼差しは、私たち日本人が忘れかけている情熱=パッションと云った内からの力みたいなモノに溢れ、その大切さを教えてくれました。

2017年8月21日月曜日

杉浦醫院四方山話―515 NHKeテレ『よろしく!ファンファン』 

 8月18日にNHK教育テレビで放映された「よろしく!ファンファン」のDVDを担当されたSさんが送付くださいましたので、早速拝見しました。

 Sさんによると今回は「地域の困難に立ち向かった人々」をテーマに甲府盆地で400年以上に渡って地域の人を苦しめた「日本住血吸虫症」(地方病)を取り上げ、その治療や撲滅活動に尽力した杉浦健造・三郎医師の取り組みから、先人たちの思いや努力、そしてそれが今の生活にどう息づいているかを子どもたちに伝えたいという制作意図でした。

 

   この番組は、小学校4年生向けの社会科の番組だということで、Sさんは6月末から何度も来館して取材を重ね、その上でカメラマンと音声担当者と共に7月に3日間甲府に滞在して収録し、編集して、18日の放映と云うスケジュールの中で仕上げた10分間の番組でした。

 

 Sさんのアイデアなのでしょう、日本の調査に3人の宇宙人が多機能ロボット「ファンファン」と共にやって来て、日本人と仲良くなるために日本人の暮らしや考え方を知る計画を立て、今回は「地域の困難に立ち向かった人」ということで、日本住血吸虫症と杉浦父子や地域住民の取り組みを3人が知りたいことを「よろしく!ファンファン」とロボットに依頼して、ファンファンがフットワーク良く調査して報告するという展開でした。私から見ると有能なロボット・ファンファンは、Sさんその者でした。

 

 宇宙人の3人もそれぞれが「時間」「空間(地形)」「人」という3つの視点から知りたいことをファンファンに依頼するという設定ですから、子ども達にも視点を持って考えたり調べることの大切さを知ってほしいという「教育的指導」も組み込まれていて「なるほど」と唸ってしまいました。

 

 また、10分間の番組とはいえ、NHKが収蔵している貴重な映像が要所要所に入り、私たちも初めて観る映像もありましたから、小中学生に限らず当館で是非ご覧いただきたいと思います。

 

 この「よろしく!ファンファン」は、来年春から小学校4年生にシリーズで放送していくことを想定した実験番組だということで、その開発番組を任されたSさんにはさぞプレッシャーもあったことと思いますが、私に欠落している若さと緻密さと丁寧さをバランスよく持ち合わせたSさんには、ある意味楽しい制作だったのかもしれません。

 

 昨日来館した小学生、中学生にも「新着の特別番組をどうぞ」と勧めると、保護者も含め大変好評でしたから、当館の映像資料に新たな一枚が加わり、見学者にも選択肢の幅も広がりました。この場をお借りして、S様はじめNHK教育テレビのスタッフの皆様に御礼申し上げます。

2017年8月10日木曜日

杉浦醫院四方山話―514『殺貝剤開発と田の草取り』-5

  農民の期待に応える画期的な除草剤PCPは、ミヤイリガイ殺貝剤の開発の中で、水稲への被害調査を担った山梨県農業試験場由井技師らによるあらゆる角度からの調査実験から生まれたものの、特許や販売権などは、その辺の事務にも精通していた大学や製薬会社が取得するところとなりました。


  こうして、1959年(昭和34年)、PCPは普及に移されました。

このPCPが画期的だったのは2・4‐Dと異なり、非選択・接触型除草剤で、すでに成長の進んだ稲には影響しないが、発芽直後の雑草は全て枯らすところにありました。

この特性を活かし、田植え直後の土壌表層にPCPを散布して、発芽してくる雑草を枯らす土壌処理技術が考案され、 最初は水溶剤だったPCPも、やがて土壌処理に適する粒剤が開発されました。    

 

 これにより、日本の稲作史上初めて、手取り除草や除草機なしに除草が可能になり、甲府盆地でも真夏の炎天下での「田の草取り」から解放されました。山梨に限らず当然、農家に歓迎され、1960年代の最盛期には、全国で約200万ヘクタール、全水田の65%でPCPが使われたそうです。  

 

 しかし、昭和37年(1962)の集中豪雨で散布直後のPCP薬剤が有明海や琵琶湖などに流入し、魚介類に深刻な被害を与えました。

三郎先生が目撃した水路での魚への被害が、大雨で土ごとPCPが流出した結果起きたのでした。これを機にPCP使用は規制されるなどかげりが見え始めるとPCPに代わる低毒性除草剤の開発が進みました。     

    

 さらに、すでに使われなくなったPCPが昭和50年代(1980年代)になると、土壌中に残存していて環境汚染の元凶ダイオキシンが含まれていることも判明しました。

  

 当話‐18「現代」でも触れましたが、山梨県と米軍406医学総合研究所の共同研究と住民、行政の一致した取り組みで、地方病を撲滅寸前まで追いつめたという記録映画「人類の名のもとに」を科学映像館での配信映像で観た科学者遠藤浩良先生から、「河川や湖沼、地下水といった環境水の化学物質による汚染は、現代では、世界的な大問題ですから、ペンタクロロフェノールを使った甲府盆地の映像は、今ではとても考えられないことです。殺貝作業に従事した住民には、この薬の中毒で苦しんだ人がいたかも知れませんね」とご教示いただいことを思い出します。


 由井氏はもとより、大学や製薬会社の研究者もPCPの副作用を当時はそこまで予測できなかったのでしょう。これらの教訓を活かして、より安全な除草剤が開発され、現代ではすっかり「環境汚染農薬」と云う汚名のPCPですが、炎天下の草とりから農家を解放しようという由井氏らの誠意と努力は、伝承していくに値するものと思います。 由井重文氏は、山梨県農業試験場長を最後に退職され、昭和62年(1987)に68歳で亡くなっています。 

2017年8月8日火曜日

杉浦醫院四方山話―513『殺貝剤開発と田の草取り』-4

 これまで観てきたように日本の除草剤の歴史は昭和23年(1948年)、アメリカから導入された2・4‐Dに始まりましたが、農民はこの薬剤の効果に期待したもののノビエや浮き草には効果がなく、引き続き炎天下の田の草取りは欠かせない作業でした。     

 

 太平洋戦争当時、アメリカ軍の保健衛生体制は、知識でも予算でも世界最先端のものであり、事前の感染症対策も万全を期していたアメリカにとって、日本軍とのレイテ戦での勝利による滞在で、日本住血吸虫症に多くの米軍人が感染したことは、予期せぬ不覚となりました。

その辺の詳細は、小林照幸著 「死の貝」(文藝春秋刊)に譲るとして、このフィリピンでの苦い経験からGHQは甲府盆地で流行する地方病に大きな関心を持ち、三郎先生を頼りに地方病の調査研究を始めました。GHQ406総合医学研究所は、甲府駅に市民から『寄生虫列車』と呼ばれた3両編成の研究施設で、さまざまな薬品テストを行いました。

 

 米軍が持ち込んだ多くの薬剤の中からサントブライトがミヤイリガイ殺貝に有効かつ安価であったことから、同一成分で日本国内で精製可能な、殺傷効果の高い殺貝剤としてペンタクロロフェノールナトリウム=略称PCP-Naの開発に成功しました。

 

 三郎先生は、この新たな殺貝剤PCP-Naの水稲への薬害調査を由井重文氏に依頼したのでした。由井氏ら山梨農事試験場では、想定される様々な水稲被害を調査していく中で、図らずもPCP-Naが画期的な除草剤発見の糸口になりました。

それは、PCP-Naをまいた田では浮き草が枯れ、ノビエなど1年生雑草の発生も抑えられることが判明したのです。 昭和29年(1954)、由井氏はこの観察結果を公表しました。由井氏ら山梨農事試験場での発見は、たちまち大学や製薬会社の研究者の注目を集め、この後は農林省や大学が中核になり、全国的な研究に発展していきました。

こうして、「炎天下の田の草とりから解放される除草剤が欲しい」と云う農民の要望に応え、最初に世に出た除草剤が、PCP(ペンタクロロフェノール)でした。みつけたのは山梨県農業試験場由井重文技師らであり、そのきっかけとなったのが三郎先生からの依頼電話でした。

 

 宇野善康著「イノベーションの開発・普及過程」によりますと、この山梨でのGHQ406総合医学研究所と県立医学研究所の地方病対策としての殺貝剤開発と山梨農事試験場との連携による成果も「水田除草剤PCP」の特許は、宇都宮大学の竹松哲夫氏によってなされたため由井重文氏らは、竹松氏への特許に異議申し立てを行ったものの「ある権力」の介入もあって製薬業界での抗争にまで発展したそうです。

 

その辺について、由井氏は次のように述懐しています。

「1957年におけるPCPの田植え前処理試験や1958年の試験によって明らかとなり、山梨農試としては自信を得たのであるが、ここで一つの問題が残された。というのは、専門外のこととなると、一生懸命研究して立派な成果が得られても、第三者の目が違い、信用度というか評価が低いのが世の通念であって筆者の場合もそうであった」(由井重文:除草剤PCP開発の想い出) と。