2018年3月12日月曜日

杉浦醫院四方山話―537『福山誠之館同窓会』VS『甲府一高同窓会』-3

 福山誠之館高校と甲府一高の同窓会について感じたままを書いて来ましたが、これも何かの縁ですので、両校や両風土に重なる部分を記してまとめとにしたいと思います。

 

 『誠之館人物誌』の中には井伏鱒二氏がいます。下記リンクのように当四方山話の中でも井伏氏には何回か登場願いましたから、井伏氏の紹介ページを読んでみました。この『誠之館人物誌』の凄いところは、取り上げた同窓生一人一人の「経歴・業績」や「生い立ち」だけでなく、誠之館で学んだ中でのエピソードや意味にまで言及していることです。

 

 井伏鱒二について、元校長だった吉田博保氏が『旧制福山中学と「山椒魚」ー試練が培った井伏文学の土壌ー』を書いています。

詳細は、上をクリックして読んでいただくとして、吉田氏は福山中学校時代の井伏には、総じて居心地の良い学校生活ではなかったことを代表作の一つ「山椒魚」と重ねて評しています。

 

 具体的には、

≪しかし、満寿二(鱒二の本名)青年にとって、当時の誠之館中学は、必ずしも満足感をもって受け入れられていなかったように思われる。 「岩屋」の内に閉じ込められた「山椒魚」の「悲しみ」は、当時の井伏の「誠之館中学」という閉鎖社会を投影しているように思える。≫  とか

≪私は農家の出身で、幾らかそのせゐもあるだろうが、中学時代には阿部正弘公(創設者)を大して崇めてゐなかった。幕末のころの私の先祖や近隣の人たちは、殿様を恨む百姓一揆を秘かに歓迎してゐたと思はれる節もあるほどだ。『半生記』≫ 

更に

≪服装検査も頻繁に行われ、彼自身も、大正2年(1913年)6月(2学年次)の服装検査にひっかかり、粟根から出て来られたお母さんが、「田舎者で、私の日頃のしつけが悪いものですから」と深く謝罪され、舎長の生徒から井伏君を直接忠告制裁したいむねを受けた舎監が、それを制し、同郷の友人や親戚筋の先輩に、今で言うカウンセラー的手法で、彼の相談相手として立ち直らせてほしいむねを頼んだエピソードもある。≫ 

等々を挙げつつ

≪いわば、多感な青年時代に、多くの試練を与えた福山中学は、以後の井伏文学を生む母胎を形成する一翼を担ったと言ってよかろう。≫と結んでいます。


 成る程、後に進んだ早稲田大学文学部仏文科や日本美術学校も全て中途退学していますから井伏鱒二は、厳しい福山中学で≪言いしれない「諦観(あきらめ)」に到り≫≪この「諦観」を原点に、「諧謔(ユーモア)」と「哀愁(ペーソス)」にあふれた表現手法≫を確立したという吉田氏の評には説得力があります。


 郷里・福山には戻らず、中央線阿佐ヶ谷に住み甲州をこよなく愛した井伏鱒二は、戦争中の疎開先も甲府の外れ甲運村でした。山梨での釣り友達・飯田龍太氏も山梨でのかかり付け医・古守豊甫氏も甲府一高の同窓生でした。甲府の定宿「梅ケ枝」や「天下茶屋」等、井伏氏にとって山梨は「第二のふる里」と云っても過言ではないでしょう。

 当杉浦醫院に通った患者さんが残した落書きの中にも井伏鱒二の名訳が刻まれていますから、甲州人に愛された井伏氏と云えます。

それは、生まれ育った広島県福山地方は、甲府盆地同じ盆地でもあり、山梨と同じ日本住血吸虫症の数少ない有病地域でしたから、井伏氏にとっても甲州人にとっても親近感もあったのでしょう。

甲州・無頼氏が刻んだ井伏鱒二の名訳「花に嵐のたとえもあるぞ さよならだけが人生だ」
 

44話 『落書き考』      116話「紫煙文化ー2」   

424話『大岡昇平「レイテ戦記」と補遺ー3』  

2018年3月5日月曜日

杉浦醫院四方山話―536『福山誠之館同窓会』VS『甲府一高同窓会』-2

 当館の図書資料の中に昭和62年度甲府中学・甲府一高同窓会が再販した「歴史資料写真集」と云う約50ページの冊子があります。奥付に初版は昭和54年1月で、これを増補改訂した第3版が62年3月、同年5月には第4版とありますから、需要があって版を重ねていることが分かります。


 この写真集は、望月春江の「鯉」から始まって鳥居雅隆や米倉寿仁等々の絵画、石橋湛山や中村星湖等々の「書」など「本校卒業生」の作品から講演のため来校した西脇順三郎の色紙など甲府中学・甲府一高が所蔵している文化資料の写真集です。


 この写真集が編まれるように甲府一高は、福山誠之館高校に勝るとも劣らない文化資源を擁しているのにその存在や内容が全くと云っていいほど知られていません。

その点、福山誠之館高校は学校が内包する歴史資料を同窓会が管理して公開していることがホームページ上からもうかがえます。

要は、学校と同窓会の「関係」の違いかも知れません。


 上記の「写真集」の中には、「校門門扉」「図書館前の池」「本館前庭」「校門西石庭」「日新ホール前庭」「中庭」等々の写真も入っていますが、それぞれの寄贈者は「東京同窓会」「甲子会」「御坂会」「惜城会」「昭和2年卒業生」等々、同窓会もしく同窓生有志が母校に寄贈したものであることが分かります。甲府一高同窓会は、母校に気前よく必要な備品や施設を寄付することが伝統になっているようです。昭和町の押原中学校の桜並木も同じように同窓生の手による植樹だったそうですから、山梨県の同窓会全体の傾向かも知れません。

 

 贈られた学校は、以後これらの維持管理をしてきたのでしょうが、在校生には学校を構成する一部としての認識しか持てないのが実際かと思います。福山誠之館同窓会は、このような同窓会の寄贈物を同窓会が積極的に常時周知活動をしていますから、在校生も同窓会の寄贈物に囲まれた学校であることを知りつつ同窓生となっていき、その伝統が継承されているのでしょう。


 まあ、よく言えば甲府一高同窓会は「金は出すが口は出さない」、福山誠之館同窓会は「金も口も出す」と云った感じもしますが、矢張り同窓会に対する風土の違いと解すのが妥当かな?と・・・・


 

 近々では、甲府一高の卒業生で、「中世史」の東京大学教授だった五味文彦氏の蔵書が市川大門町の旧二葉屋酒造店を改修したギャラリー内に寄贈されるそうです。同窓生である五味氏の学術書は、同窓会が窓口を開いておいて母校内に「五味文庫」を設け、公開した方が五味氏の意にも添うように思いました。同じような事例はもっとあるかと思うと矢張り「勿体無いなー」です。

2018年2月28日水曜日

杉浦醫院四方山話―535『福山誠之館同窓会』VS『甲府一高同窓会』-1

 前話「東京銀座・江木写真館」について調べていく中で、広島県の県立高校・福山誠之館同窓会サイトに行きつきました。

 

  1880年(明治13年)に江木写真館を創設した江木保男・松四郎兄弟は、福山藩の医者であり儒学者の江木鰐水(えぎ・がくすい)の5・6男で、すぐ上の兄は明治初期の外交官・江木高遠です。二人は、福山誠之館高校の前身・藩校「福山誠之館」の卒業生であることからこの同窓会サイトに江木保男・松四郎兄弟の江木写真館も紹介されていました。


 江戸時代の藩校「福山誠之館」が明治に「広島県福山中学校」となり、現在が福山誠之館高校です。山梨県で云うと江戸時代、甲府城南の地に設置された「官学・徽典館」を経て「山梨県立甲府中学」が現在の「甲府一高」ですから、同じような歴史、伝統の学校といえましょう。


 そこで、甲府一高同窓会のサイトも開いてみました。感じ方や感想は十人十色ですから是非、上記赤字のリンクをクリックして両高同窓会サイトをご覧いただき、普段思いも馳せない(であろう)「同窓会」について、時間をとってみるのも一興でしょう。


 同じような文化や卒業生を輩出してきた両校の同窓会なのにこのホームページの違いは何なんだろう?が、私の初発の驚きでした。

 

 私事で恐縮ですが、同窓会総会の当番幹事になった20年弱前、記念誌担当を仰せつかった私は卒業以来初めて母校に行き、同窓会担当職員や図書館司書から学校にある学芸資料や歴史資料を見せてもらい、それを基に記念誌を作りました。

ですから、福山誠之館同窓会サイト上で紹介されている数々の歴史資料や人物資料、収蔵している学芸資料などを観て「井伏鱒二も卒業生か」とか「一高にあった石橋湛山の書の方が・・」と思ったりで、伝統校が蓄積し内包する文化の共通性を確認した程度でした。

「成る程、インターネットの時代では足を運ばなくても、こうして母校の歴史や秀でた卒業生について調べることも出来るのだな」と、一高のサイトも観てみようと思ったのでした。



 その結果が、前述の「初発の驚き」で、幾晩か酒など飲みながら無い頭で考えてみましたが、私に出せた結論は「同窓会に対する風土の違いだろう」程度でした。


 山梨県の地方新聞は現在「山梨日日新聞」一紙だけです。この新聞には、毎年県内の高校の同窓会総会の広告が載りますが、どこの学校も総会とアトラクション入りの懇親会がセットです。また、山日新聞には、同級会やクラス会など写真入り記事が、投稿記事として毎月掲載されていますし、同級生による「無尽」と云う飲み会も甲州名物です。

このように山梨では、「同窓会」は懇親を深め交流を図ることを第一の目的として定着しているのでしょう。それは、健康寿命日本一にも貢献しているとの評価もありますから、良しとしましょう。


 その上で、私の中には「勿体無いよなー」の思いが募るばかりでした。それは、福山誠之館同窓会がきめ細かく関係資料を整理して、公開していることで、江木写真館創設者の生い立ちまで語り継いでいることの意味と必要性を痛感するからです。


 例えば、今日の山日新聞が「山梨の先人13」で、『首席で卒業した甲府中学(現甲府一高)では教員から「数千人に一人の秀才」と評されるほどだった』と紹介されている「映画監督・増村保造」についてもどれだけの卒業生が同窓生であることを知っているか?等々・・・

矢張り「同窓会」が存在して果たすべき本来の任務について、少なくとももっと議論があってしかるべきではないのか?もう少し考えていこうと思います。

2018年2月22日木曜日

杉浦醫院四方山話―534『東京銀座・江木写真館』


 杉浦醫院には、診察室を見守るように大きな額に入った健造先生の写真が掲示されています。当時としては大きく引き伸ばされた写真ですが、粒子も粗くなく健造先生のキマッタ顔と背広姿が、この写真撮影にのぞんだ先生の意気込みまで感じさせます。

 

 孫の杉浦純子さんは「祖父と父は性格や趣味が180度違っていましたね。祖父はあの時代に自分の写真を東京銀座の江木写真館まで行って撮ったんです。父はそういったことには全く興味がなく、ピンボケ写真ばっかりで困ったのを覚えてます」と話していました。

 

 確かに健造先生の写真はたくさん残っていて、「甲府・内田写真館」とか撮影した写真館の名前入りのもあります。県の近代人物館はじめ副読本などに使われている健造先生の写真は、全て「東京銀座・江木写真館」で撮影された診察室にある写真です。

江木写真店(明治24年)

 

 この「東京銀座・江木写真館」は、現在もあるのか?

先日、東京から来館されたご年配の方々に伺いました。

「今の静岡新聞社ビルが、昔は江木写真館だったようだね」「塔のある高い建物で、待ち合わせ場所としても有名だったそうだけど今は銀座ではやってないと思うよ」と教えてくれました。

 

  早速、ネットで調べてみると中央区文化財調査指導員の野口孝一氏が「江木塔の写真師たち」と云う文章の中で、江木写真館の創設から往年の写真技師の話まで詳細がありました。

それによると、一万円札の福沢諭吉の肖像写真も江木写真館の成田写真師の撮影だということですから、健造先生が上京してまで撮りたくなったのは江木写真館の写真師の腕や技術の高さを情報としてキャッチしていたからでしょう。

 

 確かに現在のようにカメラが自動的にピントを合わせるオートフォーカス機能等が一般化したのは、昭和も50年代に入って「ミノルタα-7000」の登場以降だったと思いますから、明治・大正・昭和と永く写真は、撮影する写真師の腕による違いが大きかったのでしょう。


 同時に、野口孝一氏の「江木塔の写真師たち」から、明治時代に写真館を始めた江木兄弟の向学心や進取の精神は、奇病解明に取り組んだ健造先生と相通じますから、健造先生はその辺の情報も知っての江木写真館選択だったのかも知れません。

*野口孝一著「江木塔の写真師たち」と写真は中央区ホームページから拝借しました。     

2018年2月8日木曜日

杉浦醫院四方山話―533『松医会報85号』

 北里大学の寄生虫学の辻教授から「研究室の学生と杉浦醫院で研修会を持ちたいが、学生は来春から臨床に入るので、1月31日しか日時がとれない」旨の連絡があり「午後1時から4時までの3時間を杉浦醫院のプログラムでお願いします」との依頼がありました。

 これまでも麻布大学の「さくらサイエス」の研修会を毎年受けてきましたので「寒い館内ですが是非ご利用ください」と引き受けました。

3時間を内容あるモノにすべく辻教授からも「プログラムの中に実際に日本住血吸虫症の患者さんを診たお医者さんが居たら、その方のお話もお願いしたい」との注文もありましたから早速、巨摩共立病院名誉院長の加茂悦爾先生にお願いしました。


 加茂先生は、三郎先生が「地方病の事は加茂先生がいるから大丈夫」と、太鼓判を押した後輩で、当館も開館準備段階からご指導いただいたり、貴重な資料をご寄贈いただいたりしてきました。今回も加茂先生から「松医会報85号」をお土産に頂戴しました。


 「松医会報85号」は、平成19年秋に信州大学医学部松医会が発行した会報ですが、約150ページの会報と云うより書籍です。この85号では「日本住血吸虫症」を特集として取り上げ、信州大学医学部を卒業後、日本住血吸虫症の研究や臨床に携わった6名の医師と研究者のエッセーで構成されています。


 それぞれの先生方が自分と日本住血吸虫の「かかわり」についての随筆ですから、専門の医学用語が飛び交う学術誌と違って、私にも興味深く読めたのが特徴です。


 山梨大学医学部の前身山梨医大が開校したのは昭和53年ですから、山梨の地方病の研究、治療は、信州大学医学部出身の医師が中心でした。今回の執筆者6名は、甲府市立病院の故・井内正彦先生、市立病院の後輩で故・林正高先生、巨摩共立病院の加茂悦爾先生、後輩で後に横浜市立大学に転じた天野晧昭先生、東京医科歯科大学の太田伸生先生と綿々と現役の太田先生まで繋がっています。


 松医会は、「会報」を定期発行するでけでなく、現在の医学部学生も視野に入れての支援活動もしているようですから、信州大学医学部の鉄の結束の要になっているのでしょう。

上記6名の先生方も日本住血吸虫症の個々の研究分野は違っていてもお互い横の連絡も密で、信州大学の教授や先輩後輩が助け合っての研究活動であったことが分かります。

 

 そして、何よりも信州松本の地で青春を過ごした者同士の共通した価値観あるいは人生観のようなものが醸し出されていることです。それは、北杜夫の「ドクトルマンボウ青春記」の世界とも重なる大らかさが飾らぬ表現と確かな文章力で表出されています。

森鴎外から北杜夫や南木佳士まで、医者に作家が多いのも頷ける「松医会報」です。当館2階の座学スペースで自由に読めますので、お楽しみください。

2018年1月24日水曜日

杉浦醫院四方山話―532『木喰上人生誕300年』

  江戸時代後期、各地でさまざまな仏を彫り続けた木喰上人は、1718年に甲斐の山村(現・山梨県身延町丸畑)に生まれ、日本全国を行脚し1808年に亡くなりました。ですから、今年は木喰上人生誕300年の年になります。これを記念して身延町では、工芸館で木喰展を企画しているようですが、山梨に限らず全国で記念イベントが開催されることと思います。

 

 それは、木喰は22歳で出家し、56歳のとき諸国巡礼の旅に出て、60歳を過ぎてから仏像作りを始めと云われていますが、木喰が訪ねて仏像を彫ったのは、北海道から九州、四国、佐渡が島に及び、約30年間で1000体を超える仏像を遺したといわれているからです。

 

 木喰上人が彫った仏像は、それまでの仏像とは違う独創的な作風で、口元に笑みを浮かべたものが多いことから、「微笑仏」と呼ばれていますが、地元庶民の信仰を受けてきたものの仏像として広く知られるようになったのは、柳宗悦が起こした民芸運動の中からでした。

 

 大正12年1月、柳宗悦は、友人の浅川巧の誘いを受けて、甲府市の小宮山清三氏が所有する「朝鮮の陶磁器」を観る為に山梨県に来ました。

柳宗悦は、小宮山家で朝鮮の焼物を鑑賞したのですが、暗い庫の前にあった二体の彫刻に目が留まり、「口許に漂う微笑は私を限りなく惹きつけました。尋常な作者ではない!」と、即座に心を奪われたといいます。座敷にもう一体「南無(弘法)大師」の像があり、その折はじめて「木喰上人」の名を聞かされたといいます。柳宗悦の思いがけない驚きに対して、小宮山氏は「一体贈りましょう」と申し出たそうです。

 

 小宮山氏が柳宗悦に贈ったのが「地蔵菩薩」像だったことから、この地蔵菩薩像が現在も日本民芸館に展示されています。

この甲府の小宮山家での奇縁により柳宗悦は、木喰上人の研究に入り、木喰上人と微笑仏は、広く知られるところとなりました。結果、微笑仏は貴重な仏像として取引もされ、木喰上人が巡礼の中で世話になった各地に残した微笑仏は、地元から次々と消えていったと云われています。 

木喰仏 魅惑の微笑み-地蔵菩薩(民藝館)
小宮山清三氏が柳宗悦に贈った「地蔵菩薩像」(日本民芸館収蔵)


 

 木喰生誕の地・山梨には微笑仏も数多く残されていて、木喰研究会も組織されていましたが、不幸な経緯をたどり現在は休眠状態です。

柳宗悦を甲府の小宮山邸に案内したのも北杜市出身の浅川巧でしたし、柳宗悦没後、この研究を引き継いできたのは甲府の丸山太一氏ですから、身延町立近代工芸館での生誕300年記念展では、柳宗悦と甲州人あるいは山梨の文化との関わりなども紹介いただけたらと思います。


 丸山太一氏の研究資料、書籍は当館に全てご寄贈いただいておりますから、当館では、柳宗悦没後の木喰上人と微笑仏の研究成果展を生誕300年を記念して開催していきたいと思います。

2018年1月15日月曜日

杉浦醫院四方山話―531『夏の季語・甘酒』

 本格的な寒さが身に染みる季節になり、杉浦醫院館内は昼を過ぎても2度、陽のさす診察室でも4度しかありません。もちろん、各部屋にはファンヒーターを置いて来館者に合わせてその都度暖房していますが、昭和4年に夏の暑さを旨として建てた建物は、現代建築のように直ぐには温まりませんので、来館者には一層の寒さ対策をお願する次第です。

 

 寒い冬の風物詩として、温かな甘酒が振る舞われ「おいしいね」と初詣の方々が暖をとっている神社の光景がありますが、杉浦家でも正月は玄関先で「お汁粉」を近所の方々に振る舞っていたそうで「お正月の楽しみだったさぁ~」と暮れに落ち葉播きに来てくださった女性が懐かしそうに話してくれました。

 このように「お汁粉」「甘酒」「おでん」は冬の定番のように思いますが、俳句では甘酒は夏の季語になっています。

 

 鰻(ウナギ)は、旬でない夏場にも売れるようにと「土用丑の日には鰻を」と、かの平賀源内が流行らせたという説がありますが、以来「丑の日に鰻を食べて夏負け知らず」が今日まで定着しています。

 砂糖の無い時代、甘酒の甘味は貴重でしたから、甘酒も、栄養満点で滋養強壮にうってつけの飲みものとして「夏バテ防止に甘酒を」となり、広く夏の飲み物として定着していったのが夏の季語の由来かも知れません。

 

 最近は、この甘酒が人気で、コンビニでは季節に関係なく売られ愛飲している方も多いようですが、江戸時代には「甘酒うり」が街中を廻っていたそうですから、コンビニに行くよりもっと手軽に飲めた訳で、世の中本当に便利になったのかどうかも分からなくなります。


 同じように、昭和になっても「金魚うり」や「アイスキャンディーうり」は来ましたからコンビニより歴史も伝統もあり、それぞれが鳴り物や独特の売り声を発しながら廻っていたので風情もあったように思いますが、単に団塊ジジイのノスタルジアかも知れません。