2018年2月22日木曜日

杉浦醫院四方山話―534『東京銀座・江木写真館』


 杉浦醫院には、診察室を見守るように大きな額に入った健造先生の写真が掲示されています。当時としては大きく引き伸ばされた写真ですが、粒子も粗くなく健造先生のキマッタ顔と背広姿が、この写真撮影にのぞんだ先生の意気込みまで感じさせます。

 

 孫の杉浦純子さんは「祖父と父は性格や趣味が180度違っていましたね。祖父はあの時代に自分の写真を東京銀座の江木写真館まで行って撮ったんです。父はそういったことには全く興味がなく、ピンボケ写真ばっかりで困ったのを覚えてます」と話していました。

 

 確かに健造先生の写真はたくさん残っていて、「甲府・内田写真館」とか撮影した写真館の名前入りのもあります。県の近代人物館はじめ副読本などに使われている健造先生の写真は、全て「東京銀座・江木写真館」で撮影された診察室にある写真です。

江木写真店(明治24年)

 

 この「東京銀座・江木写真館」は、現在もあるのか?

先日、東京から来館されたご年配の方々に伺いました。

「今の静岡新聞社ビルが、昔は江木写真館だったようだね」「塔のある高い建物で、待ち合わせ場所としても有名だったそうだけど今は銀座ではやってないと思うよ」と教えてくれました。

 

  早速、ネットで調べてみると中央区文化財調査指導員の野口孝一氏が「江木塔の写真師たち」と云う文章の中で、江木写真館の創設から往年の写真技師の話まで詳細がありました。

それによると、一万円札の福沢諭吉の肖像写真も江木写真館の成田写真師の撮影だということですから、健造先生が上京してまで撮りたくなったのは江木写真館の写真師の腕や技術の高さを情報としてキャッチしていたからでしょう。

 

 確かに現在のようにカメラが自動的にピントを合わせるオートフォーカス機能等が一般化したのは、昭和も50年代に入って「ミノルタα-7000」の登場以降だったと思いますから、明治・大正・昭和と永く写真は、撮影する写真師の腕による違いが大きかったのでしょう。


 同時に、野口孝一氏の「江木塔の写真師たち」から、明治時代に写真館を始めた江木兄弟の向学心や進取の精神は、奇病解明に取り組んだ健造先生と相通じますから、健造先生はその辺の情報も知っての江木写真館選択だったのかも知れません。

*野口孝一著「江木塔の写真師たち」と写真は中央区ホームページから拝借しました。     

2018年2月8日木曜日

杉浦醫院四方山話―533『松医会報85号』

 北里大学の寄生虫学の辻教授から「研究室の学生と杉浦醫院で研修会を持ちたいが、学生は来春から臨床に入るので、1月31日しか日時がとれない」旨の連絡があり「午後1時から4時までの3時間を杉浦醫院のプログラムでお願いします」との依頼がありました。

 これまでも麻布大学の「さくらサイエス」の研修会を毎年受けてきましたので「寒い館内ですが是非ご利用ください」と引き受けました。

3時間を内容あるモノにすべく辻教授からも「プログラムの中に実際に日本住血吸虫症の患者さんを診たお医者さんが居たら、その方のお話もお願いしたい」との注文もありましたから早速、巨摩共立病院名誉院長の加茂悦爾先生にお願いしました。


 加茂先生は、三郎先生が「地方病の事は加茂先生がいるから大丈夫」と、太鼓判を押した後輩で、当館も開館準備段階からご指導いただいたり、貴重な資料をご寄贈いただいたりしてきました。今回も加茂先生から「松医会報85号」をお土産に頂戴しました。


 「松医会報85号」は、平成19年秋に信州大学医学部松医会が発行した会報ですが、約150ページの会報と云うより書籍です。この85号では「日本住血吸虫症」を特集として取り上げ、信州大学医学部を卒業後、日本住血吸虫症の研究や臨床に携わった6名の医師と研究者のエッセーで構成されています。


 それぞれの先生方が自分と日本住血吸虫の「かかわり」についての随筆ですから、専門の医学用語が飛び交う学術誌と違って、私にも興味深く読めたのが特徴です。


 山梨大学医学部の前身山梨医大が開校したのは昭和53年ですから、山梨の地方病の研究、治療は、信州大学医学部出身の医師が中心でした。今回の執筆者6名は、甲府市立病院の故・井内正彦先生、市立病院の後輩で故・林正高先生、巨摩共立病院の加茂悦爾先生、後輩で後に横浜市立大学に転じた天野晧昭先生、東京医科歯科大学の太田伸生先生と綿々と現役の太田先生まで繋がっています。


 松医会は、「会報」を定期発行するでけでなく、現在の医学部学生も視野に入れての支援活動もしているようですから、信州大学医学部の鉄の結束の要になっているのでしょう。

上記6名の先生方も日本住血吸虫症の個々の研究分野は違っていてもお互い横の連絡も密で、信州大学の教授や先輩後輩が助け合っての研究活動であったことが分かります。

 

 そして、何よりも信州松本の地で青春を過ごした者同士の共通した価値観あるいは人生観のようなものが醸し出されていることです。それは、北杜夫の「ドクトルマンボウ青春記」の世界とも重なる大らかさが飾らぬ表現と確かな文章力で表出されています。

森鴎外から北杜夫や南木佳士まで、医者に作家が多いのも頷ける「松医会報」です。当館2階の座学スペースで自由に読めますので、お楽しみください。

2018年1月24日水曜日

杉浦醫院四方山話―532『木喰上人生誕300年』

  江戸時代後期、各地でさまざまな仏を彫り続けた木喰上人は、1718年に甲斐の山村(現・山梨県身延町丸畑)に生まれ、日本全国を行脚し1808年に亡くなりました。ですから、今年は木喰上人生誕300年の年になります。これを記念して身延町では、工芸館で木喰展を企画しているようですが、山梨に限らず全国で記念イベントが開催されることと思います。

 

 それは、木喰は22歳で出家し、56歳のとき諸国巡礼の旅に出て、60歳を過ぎてから仏像作りを始めと云われていますが、木喰が訪ねて仏像を彫ったのは、北海道から九州、四国、佐渡が島に及び、約30年間で1000体を超える仏像を遺したといわれているからです。

 

 木喰上人が彫った仏像は、それまでの仏像とは違う独創的な作風で、口元に笑みを浮かべたものが多いことから、「微笑仏」と呼ばれていますが、地元庶民の信仰を受けてきたものの仏像として広く知られるようになったのは、柳宗悦が起こした民芸運動の中からでした。

 

 大正12年1月、柳宗悦は、友人の浅川巧の誘いを受けて、甲府市の小宮山清三氏が所有する「朝鮮の陶磁器」を観る為に山梨県に来ました。

柳宗悦は、小宮山家で朝鮮の焼物を鑑賞したのですが、暗い庫の前にあった二体の彫刻に目が留まり、「口許に漂う微笑は私を限りなく惹きつけました。尋常な作者ではない!」と、即座に心を奪われたといいます。座敷にもう一体「南無(弘法)大師」の像があり、その折はじめて「木喰上人」の名を聞かされたといいます。柳宗悦の思いがけない驚きに対して、小宮山氏は「一体贈りましょう」と申し出たそうです。

 

 小宮山氏が柳宗悦に贈ったのが「地蔵菩薩」像だったことから、この地蔵菩薩像が現在も日本民芸館に展示されています。

この甲府の小宮山家での奇縁により柳宗悦は、木喰上人の研究に入り、木喰上人と微笑仏は、広く知られるところとなりました。結果、微笑仏は貴重な仏像として取引もされ、木喰上人が巡礼の中で世話になった各地に残した微笑仏は、地元から次々と消えていったと云われています。 

木喰仏 魅惑の微笑み-地蔵菩薩(民藝館)
小宮山清三氏が柳宗悦に贈った「地蔵菩薩像」(日本民芸館収蔵)


 

 木喰生誕の地・山梨には微笑仏も数多く残されていて、木喰研究会も組織されていましたが、不幸な経緯をたどり現在は休眠状態です。

柳宗悦を甲府の小宮山邸に案内したのも北杜市出身の浅川巧でしたし、柳宗悦没後、この研究を引き継いできたのは甲府の丸山太一氏ですから、身延町立近代工芸館での生誕300年記念展では、柳宗悦と甲州人あるいは山梨の文化との関わりなども紹介いただけたらと思います。


 丸山太一氏の研究資料、書籍は当館に全てご寄贈いただいておりますから、当館では、柳宗悦没後の木喰上人と微笑仏の研究成果展を生誕300年を記念して開催していきたいと思います。

2018年1月15日月曜日

杉浦醫院四方山話―531『夏の季語・甘酒』

 本格的な寒さが身に染みる季節になり、杉浦醫院館内は昼を過ぎても2度、陽のさす診察室でも4度しかありません。もちろん、各部屋にはファンヒーターを置いて来館者に合わせてその都度暖房していますが、昭和4年に夏の暑さを旨として建てた建物は、現代建築のように直ぐには温まりませんので、来館者には一層の寒さ対策をお願する次第です。

 

 寒い冬の風物詩として、温かな甘酒が振る舞われ「おいしいね」と初詣の方々が暖をとっている神社の光景がありますが、杉浦家でも正月は玄関先で「お汁粉」を近所の方々に振る舞っていたそうで「お正月の楽しみだったさぁ~」と暮れに落ち葉播きに来てくださった女性が懐かしそうに話してくれました。

 このように「お汁粉」「甘酒」「おでん」は冬の定番のように思いますが、俳句では甘酒は夏の季語になっています。

 

 鰻(ウナギ)は、旬でない夏場にも売れるようにと「土用丑の日には鰻を」と、かの平賀源内が流行らせたという説がありますが、以来「丑の日に鰻を食べて夏負け知らず」が今日まで定着しています。

 砂糖の無い時代、甘酒の甘味は貴重でしたから、甘酒も、栄養満点で滋養強壮にうってつけの飲みものとして「夏バテ防止に甘酒を」となり、広く夏の飲み物として定着していったのが夏の季語の由来かも知れません。

 

 最近は、この甘酒が人気で、コンビニでは季節に関係なく売られ愛飲している方も多いようですが、江戸時代には「甘酒うり」が街中を廻っていたそうですから、コンビニに行くよりもっと手軽に飲めた訳で、世の中本当に便利になったのかどうかも分からなくなります。


 同じように、昭和になっても「金魚うり」や「アイスキャンディーうり」は来ましたからコンビニより歴史も伝統もあり、それぞれが鳴り物や独特の売り声を発しながら廻っていたので風情もあったように思いますが、単に団塊ジジイのノスタルジアかも知れません。


2018年1月4日木曜日

杉浦醫院四方山話―530『上から目線の感謝状』

 「上から目線」と云う言葉をよく耳にするようになったのは何時頃からでしょうか? 「上から目線」が頻繁に使われるようになった分、影が薄くなったのが「目上の人」と云う言葉でしょうか?

そんな相関関係からすると「目上の人」が発する言葉使いや態度を「上から目線」と云い、一般的には好ましくない注意すべき言動と言ったニュアンスが私にはありますが、正確なところは分かりません。



 「古いものを整理していたらこんなものが出てきたので・・・」と年末に昭和4年の「感謝状」をお寄せいただきました。

杉浦家が「新館」として現在の醫院棟を新築したのが昭和4年ですから、期せずしてこの感謝状と同じであることに不思議な縁も感じますが、地方病終息に向けた山梨県民の貴重な歴史資料でもありますから当館にご寄贈いただきました。

ご覧のように驛治氏の驛の字にはサンズイがありますが、ワープロでは表記できませんでした。

 この感謝状は山梨地方病予防撲滅期成組合が旧中道町(現・甲府市白井)の宮川驛治(えきじ)氏に贈った感謝状です。宮川氏が区長として地域住民の先頭に立って地方病撲滅の為のミヤイリガイ殺貝活動に尽力したことに感謝するものでしょう。

山梨地方病予防撲滅期成組合のトップであった平田紀一氏は「会長」ではなく「総裁」であり、更に「勲四等正五位」の冠も付いています。

文面も「一層奮闘シテ終局ノ目的ヲ達スルニ努メラレンコトヲ望ム」と結んでいますから、感謝状と云うより檄文といった感じで、「上から目線」の本家本元と言っていいでしょう。



 この山梨地方病予防撲滅期成組合は、広島県のミヤイリガイ対策に倣って1925年(大正14年)2月に設立され、「知事を総裁」に「組合長に警察部長」を充てたそうですから、平田紀一氏も当時の知事で、有病地市町村で組織した組合からすると県や国からの補助金を得るうえで欠かせない「総裁」職だったのでしょう。昭和の大恐慌の渦中、当時の山梨県にあっては、小作争議が昭和5年に100件を越え、11年には600件を越えたと云う記録がありますから、有病地市町村の負担金では生石灰などの殺貝剤購入費用も賄えない状況だったようです。


  また、現在のように知事が県民の選挙で選ばれる公選制になったのは戦後の1946年からで、「地方制度改革」の中で身分も地方公務員になりましたが、明治の廃藩置県以来、知事は国が決めて赴任させる官製知事で、身分も天皇の勅命によって任用された勅任官の待遇でしたから、上から目線になるのも必然だったのでしょう。


 日本の社会は、封建社会を脱してからまだ約120年、その内約50年間は官制社会、敗戦に伴う各分野の改革により、民主化されたと云ってもたかだか約70年の歴史なので、基本的には今でも縦社会なのでしょう。目上の人には「了解しました」ではなく「承知しました」だの「お疲れ様」と「ご苦労様」の使い方云々などもその名残ですが、昨今「上から目線」が問題視されるのは、縦社会の規範が弱くなってきている証でもあるように思います。


 年明けのご挨拶で始まるべき今話ですが、国の天然記念物「甲斐犬」が減少の一途をたどる中「改憲」風は熱を帯びて強くなり、呑気に「おめでとう」なんて言ってられない新年でもあるように感じたのは私だけではないでしょう。末筆で恐縮ですが、どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

2017年12月26日火曜日

杉浦醫院四方山話―529『鉄道喫茶』

 本年も多くの方々のご支援ご協力で杉浦醫院も年越しできそうな年末を迎えることが出来ました。

杉浦醫院四方山話―492『元気もありがとう!ふるさと納税』 で始まった2017年でしたが、その後も遠く愛媛県からお越しいただいた方からも「ふるさと納税」をお寄せいただくなどご来館いただいた上に「文化財保護費に」と、複数件の納税をいただきましたこと、この場で恐縮ですが、御礼申し上げます。

 

 また、町内外の方々から庭園清掃始めとするボランティア活動をいただいたこと、教室やイベント開催の度にお手伝いいただいた方々、新たな資料をお寄せ下さったり資料づくりにご協力いただいた方々など挙げ出したらきりがない程です。

  

 ご支援ご協力をいただくばかりで、何のお返しもできなく心苦しいのですが、杉浦醫院四方山話―500『500話雑感又はチェ・ゲバラ』 の中で紹介した「八王子の鉄ゃん」様からは、古い「鉄道ファン」誌に掲載されていた「寄生虫列車」の貴重な資料をいただき、その後もさらに詳しい書籍の存在を教えていただいてきました。

 その後、「鉄ゃん」様は山梨に居を移し、この度甲府市で「鉄道喫茶」をオープンしたそうですから、今年の〆の明るいニュースとしてご紹介させて頂き、拙いお礼に変えさせて下さい。


このお店は≪鉄道喫茶 パンケーキコンテナ≫で、甲府市住吉4-13-25にあります。

上記をクリックして店のホームページに入ると、「鉄ゃん」様ことM氏が、東京での仕事を辞めて、鉄道過疎地・山梨での開業に至る「思い」と「情熱」が分かります。

 

 まあ、世間ではM氏のような人を「鉄道マニア」とか「鉄道オタク」と呼ぶのでしょうが、評論家岡田斗司夫によれば、≪独自文化を作り上げるかどうか、がオタクとマニアの違いである≫そうで≪マニアはできないが、オタクは独自の文化を作り上げることができる≫とオタクをポジティブに評価していますから、何となく揶揄気味の「オタク」も近年は否定的な意味は薄れてきたのでしょう。


 更に≪オタクは、なにかの趣味に強いこだわりをもつ人物という意味でも使われる。この意味では、こだわりの対象に対して、所得や余暇時間のほとんどを費やす「消費性オタク」と、「自分の趣味を周りに広めたい」「創造活動をしたい」と考える「心理性オタク」とに分類される≫と、評していますから、現在のM氏は、間違いなく「鉄道マニア」ではなく「鉄道オタク」で、「自分の趣味を周りに広めたい」「創造活動をしたい」と考える「心理性オタク」の典型、代表と云っても過言ではありません。


 もっと正確に言うと、所得や余暇時間のほとんどを「鉄道」に費やす「消費性オタク」だったM氏が、そこに留まっていられず「鉄道」を文化として広めたいと「心理性オタク」に止揚=アウフヘーベンした結果が鉄道喫茶店に結実しているのでしょう。

 

  M氏との話から、この「鉄道喫茶店」はレンタルレイアウトを走らせる広さが確保できる「場」を探し、確保することから始まり、内外装まで自分の手で行い、ホームページ開設やチラシ・ポスターも「自分でやります」でしたから、何から何まで全て彼が1人でやったので、開業も予定通りとはいかなかったようです。

 鉄道資料や書籍、グッズ、模型などの収集は幼少の頃からの蓄積、建築関係のノウハウは大学や会社勤めの中で習得、同時にパンケーキ・コーヒーも自信作のようですから、「ローマは一日して成らず」が集約されているお店だと云えましょう。

お店のホームページから借用いたしました
 

 当館は12月29日(金)から1月4日(木)まで休館になりますが、M氏が「鉄道文化不毛」の山梨から「鉄道文化」を全国に発信しようと敢えて甲府市で開業した「鉄道喫茶 パンケーキコンテナ」は、レンタルレイアウトも完成したので、年末・年始も休まず営業とのことです。「オタク文化」の神髄や鉄道文化を楽しみ、おいしいパンケーキもと、ホームページでアクセス等確認して足を運んでみては如何でしょう。

2017年12月19日火曜日

杉浦醫院四方山話―528『小林清親の「酒機嫌十二相」』

 12月は忘年会の季節ですね。歳を重ねた今では「若い時はどうしてあんなに飲んだのだろう」と思うことがありますが、現在の若者は、職場の人間との酒席も敬遠しがちと云った話も聞きます。

まあ、何事も時代と共に変わっていくのは当たり前ですから、「お好きにどうぞ」でいいのでしょう。

 

 先日、所用で云った町田市の市立博物館で「滑稽展」の企画展が行われていました。

メインは「のらくろ」の漫画家・田川水泡展でしたが、田河さんが晩年を過ごした町田市玉川学園で、講談社から「滑稽の構造」、「滑稽の研究」の2冊を出版するなど、漫画家の素養として滑稽の研究に打ち込んだことから、この企画展も「“滑稽探索”田河水泡の研究とコレクション」と銘打たれていました。

 
 

小林清親: 「酒機嫌十二相之内」 「連れを困らせる酒くせ」 - 東京都立図書館   弟子の長谷川町子から手塚治虫まで、田川水泡がかかわった漫画家の展示と「滑稽研究」の過程で取り上げた先人の作品も紹介されていました。私が一番うれしかったのは、酔っぱらいの姿をコミカルに描いた小林清親(1847~1915年)の 「酒機嫌十二相」の貴重な絵画を目の当たりにすることが出来たことでした。「酒機嫌十二相」は、いわゆる12の酒癖が描かれた浮世絵ですが、例えば「連れを困らせる酒ぐせ」の絵はこちらです。

 酔っ払いの顔は、どの絵でも小林清親の写真の顔に似ていますから小林自身も相当な酒飲みだったのでしょう。「理屈を言い出す酒ぐせ」とか「気の小さくなる酒癖」など様々な「酒癖」の観察も緻密で、「滑稽」の神髄、典型のように思いました。

 

 「まあ、何事も時代と共に変わっていくのは当たり前ですから・・・」と書きましたが、「酒機嫌十二相」を観る限り、酒癖は時代が変わっても変わらないものであることを実感します。

 

 「祖父は、お酒は飲めない体質だったのにお酒の席は好きで、水を飲みながらの酔ったふりが上手で、みんなだまされていたようです」と純子さんが健造先生の酒癖の話をしてくれましたから、ひょっとして小林清親も自分は飲まずにじーっと呑兵衛を観察した結果が、「酒機嫌十二相」を生んだのかもしれません。

 

「“滑稽探索”田河水泡の研究とコレクション」展は、町田市立博物館で、1月21日まで開催。一般300円、中学生以下無料。毎週月曜と12月28日~1月4日は休館(1月8日は開館し、翌9日休館)。